手汗を抑える方法とストレスとの関係

手汗を抑える方法とストレスとの関係について説明しています。
MENU

手汗を抑える対策と現代社会について

手汗の対策は簡単には治らないのが現実ですよね。
どんなに良い薬を塗ったところで、いざという時に手汗はかいてしまうものです。

 

そんな悩ましき手汗ですが、どういった原因があるのでしょうか?
対策していくために、まずは原因を探ってみます。

 

 

まずは肥満体系です。
少し太り気味の人が汗をかきやすいのはイメージできるかと思います。
手汗も全身の汗と比例して増えてくるものです。
発熱量が多いため、各部位から熱を放出するからですね。

 

また脂っこい食事やお菓子の摂取が多い場合も、手汗につながることがあります。
また辛いものや肉類が中心の場合も同じです。

 

野菜中心のメニューにすることが多汗症にも効果があるとされています。

 

ダイエットを進めつつ、普段の食事を見直すことも、
検討してみましょう。

 

 

もう1つの大きな原因はストレスや精神的な部分です。

 

極度の緊張になると、多くの手汗がでます。
これは特別な病気ではなく、普通なことです。

 

ただ、これらの交感神経が鈍くなったり、自律神経失調症の場合は、
普段から手汗をかくようになります。

 

病的な原因の場合は、医師に診てもらうのもいいかもしれませんね。
緊張による手汗の場合は、自分自身を落ち着けてリラックスすることで
緩和できることもあります。

 

ストレスの多い現代社会では、自分でコントロールするのは難しいかもしれませんが、
日頃からストレスを貯めないように気をつけましょう。

このページの先頭へ